ビジネスバッグ:S様

中に仕切を兼ねたポケット、携帯入れ、ペン挿しを入れたS様のビジネス
バッグを納品しました。

 

 

 

 

 

 

【以下はこのバッグの制作過程です】

S様のビジネスバッグ制作に入りました。

 

こちらはハンドルと本体を繋ぐ一番力のかかる部分、
根革(ネガワ)作りです。

 

根革、この部分です。

 

 

金具は真鍮
段差を無くし、金具がぐらつかないようにするために中に革を挟みます。

 

この後は着色、布海苔(ふのり)、磨き、やすりの作業を繰り返します。
今回は400番からにしました。

 


続いてハンドルの革を切り出し、後から作業しにくい所はこの段階で
磨いておきます。

 

縫うためにゴムのりを着けて圧着。

 

内側はピッグスエードです。
豚側はこのように裏から見ると分かり易い毛穴が特徴です。

 

革の表面、この革はそうでもないですがツルツルしている革の場合は
ゴムのりの付きが悪いので銀面(革の表面)を粗します。

 

ここが一番力が加わる部分なので、縫う方も相当力が入ります。
針が折れるとしたらここを縫っている時が多いです。

穴から真っ直ぐに針を抜かなければいけないのですが、どうしても斜め
に力が入ったりして、時にはペンチを使って抜いたり、年に何回かそう
ゆう事になります。

 

バッグ内側の仕切りを兼ねたポケット。

 

ファスナーは”ダブル”というスライダーを2つ付ける両開きに使うものな
のですが、スライダー1つ用の”シングル”よりも見た目が美しいので
好んで使っています。

手で触っても務歯(ムシ:金具の1個1個の事)にひっかかりが無く
滑らかな高級タイプです

 

ポケット内側は、物がすっと入る事を考えて
ツルツルのアメ豚にしました。

 

続いて厚紙で作ったこれを使ってマチにファスナーを真っ直ぐに付けます。

 

最後にファスナーの引き手を作って完成です。

 

ありがとうございました。

Pocket