バッグのハンドル修理:S様_1

ハンドルが剥がれて、中が見えてしまって。。。というS様からのご連絡。

メールでは写真が無かったため「では、似た革での作り直しになるかも
しれませんね」とお伝えしていたのですが

 

送って頂いた現物を拝見した所、剥がれているだけで外の革も中の芯材も
まだまだ使えます、綺麗です。

 

このバッグのコンセプトとして
ハンドルに縫い目の無いすっきりしたデザインにしたかったのでしょう◎
でもしっとりした油分の多い革でしたので、これは縫わないと厳しい
と思いました。

国の違いもあるんですよね。
湿度の多い日本では海外で作った鞄の場合、乾燥した海外では大丈夫でも
貼り合わせるノリが合わず剥がれてしまうトラブルが起こります。

 

という事をS様に早速メール。

今度は縫い目が目立つ事になりますので、
3色の糸の中から1つ選んで頂き、早速修理に入ります。

 

Pocket