メンタルが弱まっている時は

桐野夏生さんの本はとても面白い。面白いけれどメンタルが弱くなっている時は控えようと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

そう思ったきっかけは大学生の夏休み、お盆の時期だったと思いますがコンビニのサンドイッチ作りの深夜バイトに1週間だけ友達と気楽な気持ちで行ったことがありました。 現場のパートさん達のやり取り、(付いて行けない私達が悪い)イライラに「ああ、これが後〇日続くのだ」とメンタルが弱っている時に桐野夏生さんの何だったかな、ドロドロした本を読んでしまって「世間は厳しい」と甘々大学生はやられてしまったのです。

今回の本は最終的に心穏やかに終わってくれたので良かったです。良かったって言うのは自分の都合で。

 

コンビニのサンドイッチ、”具”で担当が違うのですが難しい具にバイトが当たるとレーンがよく止まっていました。ハムとか難しかったかなぁ(1枚1枚剥がして並べるので)。レタスは1/2か1/4に折り畳んでビニールの手袋をした掌でバンと叩いて入れるのです。7日目の朝の達成感は忘れられません。

Pocket