今年の柿

柿は年に1回買う位なので今年初めての、そして最後の

柿を食べる時はこの水色の器と決まっています。

 

 

2014年

 

2013年

全部12月である事が昔のブログから判明しました。
そう、2014年までは知り合いが大きな柿の木を持っていて
それを頂いていたのですが、家の建て直しで柿の木も
切ってしまって、私の柿ライフが終わりました。

あれは惜しかった。

 

 

水色の柿皿(という名前では無い)の制作者は石岡信之さんと
いう方で、明治神宮近くでやっていた販売会へ行ったのは
丁度3年前でした。

 

 

 

これ以上いいご飯茶碗&湯呑みを見た事が無いと言えるほど
気に入っています。

 

数年前からなのですが
うどんを食べるお皿と浅いスープ皿が無くてちょっと不便
だなと思いつつ、買う程欲しい物が無いので友達が来る度に
「いいのが無くて」と言い訳しています。

 

Pocket