子供プログラミング

Google Blockly の6 の解説をYouTube にアップしました。
子供向けプログラミングとはいえ、「もし〇〇なら△△する」なんて条件分岐と言うブロックも出て来ます。


お母さんも レッツトライ!

 

まず自分でやってみる方は、ここから下は後で見てください◎

 

 

 

 

1分ちょっと、音は出ません。

 

 

こちらが回答の1つ。(「まっすぐに進む」を「もし左に〜」の下に移動させてもゴールできます)

もし左に〜」の中に「左を向く」を入れるのが5問目までは無かったポイントでしょうか。左に進めない場合は上に積んである「まっすぐに進む」が実行されます。
これらが「まで繰り返す」に挟まっているのでピンクの目印にゴールするまで繰り返されます。

 

3問目(レベル3)からは使えるブロック数に制限があり、無駄な事が出来なくなります。(例えば2問目だとブロックがいくつでも使えるので「右を向く」「左を向く」なんて遊ぶ事が出来ました)ブロックは余る場合もあります。

 

 

ゴールした時に表示されるJavaScriptで今積んだブロックのコードが分かります。

 

 

右のブロックと左のコードがちゃんと同じ事を言っているのだと分かります。

まさにプログラミング1年生の私はこうやって色分けしてみて「なるほど!」と思いました。ワニみたいな形をしているブロックがある理由も納得。

 

LINEで送る
Pocket