子供プログラミング

Google Blockly の迷路、レベル3に挑戦しました。

これは回答なのでさっと飛ばしてください◎

 

 

 

使えるブロックは2つで、ページを開いた段階で1つ「まっすぐ進む」が使われています。

 

これまでのレベル1レベル2のように自由な数ブロックが使えないので「まっすぐ進む」「まっすぐ進む」「まっすぐ進む」「まっすぐ進む」「まっすぐ進む」でゴールができません。

 

そこでポイントになるのが「まで繰り返す」ブロックです。

 

 

これをまっすぐ進む」にカポッと被せる(もしくは「まっすぐ進む」を「まで繰り返す」の中に入れる)、、と ピンクの丸いゴールまでまっすぐ進む繰り返す という命令になります。

 

のブロックの重なりをコードで表すとのようになります。コンピューターには左の命令が行っているわけです。

これが本などによると
”ビジュアルプログラミングから本格的なコーディングに進みたい子ども達におすすめ” という事のようです。

知らず知らずにコードに慣れるからですよね。ふむふむ。

 

LINEで送る
Pocket