敢えての厳し目テスト

カウンター、敢えて厳し目に使っています。
色々変化を知りたいので。

 

 

 

鍋敷き(として使っている)木の跡がくっきり。
しかし、この革の場合ブラシでくるくる撫でると
綺麗に消えます。

跡が付きやすく、消しやすい革です。

 

 

 

どちらがいいのでしょうね。
表面がしっかり加工してあって傷が付きにくい革は
ちょっとやそっとなら大丈夫ですが
ちょっとやそっとじゃ無かった場合に
回復できない傷になったりします。

表面が削れて中の色やボソボソした革が見える
ので目立つのです。
お店に修理に出さないと気になる傷と言いますか。

 

 

 

 

こちらもある意味テスト。
これ、きのこじゃ無くて革を切る包丁(革包丁)
なのですヨーロッパの。

 

 

2017年、『エルメスの手しごと展』に行った時にもらいました。

 

 

昨日は外が寒すぎたせいか家の中が何もしなくても
暖かく(感じただけか)。
今日の方が寒いのですよ。

どうも集合住宅は1日遅れで暖かい寒い
が来る気がしてしょうがないです。

 

 

 

LINEで送る
Pocket