腕時計のベルト:K様

腕時計のベルトのオーダーを頂きました。

 

ベルトの穴は2つ。
そのため、長く余ったベルトを納める動く方の輪っか(遊革・ゆうかく)
は必要なく、固定してある輪っか(定革・ていかく)のみで
見た目スッキリ、遊革にベルトを納める一手間も省けます。

オーダーでしたらこれが可能です。

 

 

使わない穴は開ける必要がありませんので、お客様と相談してお預かりした時のベルトの穴7つのうち、よく使う2つを確認しました。

 

 

【以下はこの時計ベルトの制作過程です】

お預かりしたK様の腕時計。
やはり、手首の細いお客様には不必要な穴が沢山です。

 

今までのベルトを外して、掃除をしてから始めます。

 

ベージュ色のリザードを使います。

 

腕に沿うよう、つまりカーブするように内側の牛革が短くなるように
リザードと貼り合わせます。

 

革と革の間には別の革を入れて、ふっくら立体的にしました。

 

 

金具は以前の物を使います。

 

クリーム色の細い糸で縫ったら完成です。

 

 

実は自分でも数ヶ月前に時計ベルトを作っていました。
(こちらは完成時)

リザードですが、今回のK様の物よりも模様が少し細かく色も薄めです。
これをご覧になってこの革と糸の組み合わせをオーダーしてくださった
のです◎

 

 

数ヶ月使って跡がついて来ました。

 

ベルト用の穴は究極の1つ。
て、私の場合開けたくなったらすぐに開けられるので当然ですね。

 

ありがとうございました。

 

Pocket