ハーフチョーク:ミニシュナH君

先日ハーフチョークを納品したお客様からH君の写真を送って頂きました。
きりっとしていてとてもかわいいミニシュナ君です。

 

革はドイツシュリンクのトープという色の牛革で、何にでも合う上品な色
ですのでバッグでも人気です。

 

ミニチュアシュナウザー仲間がまた増えました。
ホームページにもミニシュナのお客様から頂いた写真を使っているからか
ミニシュナ率は高いのです。

 

 

 

【以下はこのハーフチョークの制作過程です】

お戻し頂いた計測用ハーフチョークを元に制作します。

 

お戻し頂いた計測用ハーフチョーク とは?
サイズがお分かりにならない場合、有料になりますが計測用のハーフ
チョーク
(写真のもの)をこちらからお送りし、実際にワンちゃんに
着けて頂き丁度良
い穴の所で止めた物を送り返して頂くという方法です。

 

革の色、柄、金具の色など完成予想をお客様と共有します。

 

このハーフチョークの場合、編む距離の約1.5倍の長さの革が必要です。

 

ハーフチョークを編む時は革の輪っかに通して万力に挟んでいます。

奥に見える左はショルダーバッグのハンドルを編む時、右はバングルを編む時用。
簡単な物ですがそれぞれ専用があり、どれも製品の金具に傷が付かないよう革を
巻いています。

 

横から見た時に先がぽこっと丸くなるようこだわっています。

 

18-8ステンレスのチェーンと丸カン(丸い金具)を工具を使って着け、
最後にサイズが合っているかチェックしたら完成です。

 


H君の飼い主様より、やっぱりこの色とMサイズにして良かったですと
メールを頂きました。

(本来はH君の体重7.2kgですとSサイズで大丈夫なのですが、太くて
存在感があるMサイズをご希望なさったのです)

小型犬でもMサイズになさるお客様は割といらっしゃいます。体重オーバー
なのにSサイズでと言われたらそれは安全上出来ません
が、同じ体重でも
体格、
頭の大きさ、毛の感じでハーフチョークの見栄えが違うのですね。
それはお客様が一番ご存知ですね。

 

ありがとうございました。

Pocket