6時限:解決しておきたかった事_保存、プリントなど

インクスケープを使って1ヶ月。

イラストレーターの契約終了まで1ヶ月ちょっと
になりました。
そこでイラレが使えなくなる前に

 

1:イラレのファイルはインクスケープでちゃんと
開けて使えるのか

2:開いたファイルはちゃんと使えるのか

3:セブンイレブンのコピー機でプリントは出来るのか

4:名刺やDMなどの印刷を、今までの印刷会社に
お願いするのに保存形式は大丈夫か

など、

個人的な事が半分以上ですが
これらを確認して今のうちにイラストレーター
でやるべき事があるなら急いでやらないと
と思いました。

他のソフトから移行する人も
それぞれ確認した方がいい事
があるかもしれないね

 

5時限で
「6時限では文房具などの工業製品を、

描きたいと思います。」と言っていたのにすみません。

7時限で必ずやります◎

 

 


1

イラレで作ったファイルは開けるのか

HPに載せるため、お客様のメールに添付して
説明するため、イラストレーターで作った
ファイルです。
それをインクスケープで開きました。
ご覧の通り左側が切れています

 

切れているのはページからはみ出した部分です。

イラレにもインクスケープにも
「キャンバス」の中に「ページ」があります。

(ページの大きさはA4、 A3、などのサイズや
縦横の向きも変えられます)

 

 

イラレで描いた物をイラレで開いた場合は
ページの外に描いたイラストもちゃんと
残っています。

この事から

インクスケープに移行するにあたり
ページの外に描いた物をページの中に
入れる作業をしなければいけない
と分かりました。セーフ。

 

イラレが使える今のうちに
やらないといけないって事だね

 

そうです。

イラレ以外のソフトで同じような不具合
が出るか分かりませんが
チェックしておいた方がいいかもしれません。

じゃあやっぱりイラストレーター
(や他のソフト)を使い続けよう
と思うかもしれませんから

 

 


2

開いたファイルはちゃんと使えるのか

開けても同じような作業が出来なければ困ります。

 

まず目に付いたのは書体(フォント)の違い

インクスケープには無い書体で書いていたため
06では丸くて太い文字だったのが
07では細く普通の感じになってしまいました。
(両方6で揃えず すみません)

 

”ここは絶対に変えたく無い”と言った
デザイン的に重要な文字はアウトライン
(インクスケープでは「オブジェクトをパスへ」)
をかけて変更出来ないようにすると安心です。

テキストレイヤーとしての
文字の変更は出来なくなる
から注意が必要なんだったね

 

 

レイヤーはちゃんと別れていましたし、
グループにしていた物は
ちゃんとグループで動かせました。

“グループ”とはその名の通り
1つ1つ別の物をグループにまとめる事です。

バラバラにならない、
まとめて動かせるなど便利です

 

 

そのグループは
<オブジェクト>→<グループの解除>で
バラバラに出来ます。

 

 

2個前の画像ではまとめて四角の点線で表示
されていた物が1個ずつ点線で囲まれ
グループが解除されたことが分かります。

 

 

選択ツールで1つずつ動かせます。

 


3

セブンイレブンのコピー機でプリントは出来るのか

個人的案件ですが、バッグなどを作る時に
お客様とやり取りするためにイラレや
フォトショップを使って内容をまとめた物
をメールでお送りしています。

それをUSBに入れてセブンイレブンでプリント
する事があるのです。

その時のデータの保存形式が「PDF」指定なので
インクスケープでもPDFで保存出来るかどうか
気になっていたのです。

個人的にね

 

<ファイル>→<名前を付けて保存>で
”.pdf ”を選ぶ事が出来て一安心。

 

「hand.svg」svg インクスケープの保存形式

「hand.pdf」pdf =Adove Reader アドビリーダー
(フリーソフト)で見れるなど、幅広く利用
される形式の1つで、
インクスケープがインストールされていないPC
でも当然見る事が出来ます。

(インクスケープのマークの横の「X」はMacのみ
必要なインストールです。なのでWinの方は出ないかと)

 


4

名刺やDMなどの印刷を、今までの印刷会社に
お願いするのに保存形式は大丈夫か

セブンイレブンでお手軽にプリント、、
とはいかない展示会のDMやポスター。

今まではイラストレーター(.ai)のまま
印刷会社へデータを入稿していました。

さて、インクスケープで可能な保存形式の中で
印刷会社に入稿出来る物はあるのか調べました。

 

印刷会社によってどんな形式で
入稿を受け付けるかが違うようでした。

私が使っている所を例にしますと、

 ”イラストレーターのままが1番良い。
でもepsもOK” との事でした。

 

 

「eps」イーピーエス、印刷物で使われる画像形式
とあります。

私が使っている所はデータをメールで送って入稿
の場合データを圧縮(zip)しないといけない
のですが、圧縮(ファイルの上で右クリック、
その中に「◯◯を圧縮」があります)も出来ます。

 

ちなみにセブンで使える pdf は”非推奨形式”
との事でした。

jpegは印刷用ではなく、
主にweb用の保存形式です。

印刷の出力見本で付ける
事はあります

 

データが軽いもんね

 

 


以上、インクスケープを使って1ヶ月。
今後も使い続ける前提で
気になる点を解消した回でした。

 

1ヶ月前は あ〜やっぱり使いづらいなぁ
なんて思っていましたが、20年使って来た
イラストレーターと比べてそう思うのは
当然で、
今ではイラストレーターの方を「遠くの親戚」
と感じるほどに。

 

後は何度も言いますが
Macでも日本語入力が出来ればですねー。

 

 

次回もどうぞお付き合いください。

 

お疲れ様でした◎

 

 


※ 2018年6月27日 追記

”イラストレーター(又はフォトショップ)
の方を「遠くの親戚」と感じるほどに”

などど書いていましたがごめんなさい。
イラストレーター(とフォトショップ)
に戻ってしまいました。


やはり日本語入力が出来ないストレスが
少しずつ溜まったのと手が操作を覚えて
しまっていてそれを変えるのが難しかったです。


に、20年は伊達じゃ無い。

 

 

イラストレーターに出来てインクスケープに
出来ない事はほとんど無いように思われます
時にイラレにもこの操作を取り入れて欲しい
と思う便利な機能もありました。
なので「慣れ」と「効率」の問題です私の場合。

 

仕事で使う時はイラレ(やフォトショップ)
に戻りますが
「インクスケープ1年生」
(「ギンプ1年生」)は続けて
行きますのでこれからもどうぞ宜しくお願い
致します◎

 

 

 

Pocket