手帳カバー、名刺入れの経年変化

鞄の打ち合わせでお会いしたお客様に、
以前お買い上げ頂いた手帳カバーの写真を撮らせて
頂きました。

 

背景の色が全然違うのと私の腕が良くないため
比較が難しい写真になってしまいましたが、15ヶ月
たったヌメ革の手帳カバーです。

 

 

実はお会いする数日前に「シミがあって、、」と仰る
お客様に『革を水で濡らして乾かす実験』をご紹介しました。

それを実践してくださり、
「見えていなかったシミが出ました」と驚いておられました。

それも含めて軽い水じみは消えたのですが

 

でも、まだ大きなシミがあるわ

 

 

 

油(脂)ジミはやはり難しいですね。

 

ですね、先生。

お客様が「匂いを嗅ごうと鼻を近づけたら鼻の脂が
着いてしまってー」と仰るので
「分かります!気をつけてください〜!」
と、一緒に笑ってしまいました。

 

 

 

 

 

こちらの名刺入れは一度リボンの色を変え、
4年ちょっと経地ました。

完成時はマットな感じでしたが艶が出ました。

 

 

完成時

 

4年後

 

 

こちらは3年半経ったブックカバー。

 

経年変化は想定内でどれも大事に使っていただいている
感じと艶が出ていました。


それよりもそんなに経ったのですね、早いですね
というのが正直な(ごく個人の)感想でした。

いつもありがとうございます◎

 

 

Pocket