手縫いとミシンの違い

どうして「手縫い」にこだわるのか、「ミシン」との違いはどこなのか。
なぜ手間のかかる「手縫い」で商品を作っているのか。

 

構造の違いを説明をしますと

手縫いは1本の糸の両端に針を付けます。
針は2本必要ということです。

 

1つの穴に2回糸が交差するように通るので非常に丈夫です。

 

 

 

切れてもそこだけで止まり、切れた所から比較的簡単に修理できます。

比べてミシン上糸が下糸をすくいながら縫っていきます。
そのため下糸が切れると上糸が連続して外れてしまいます。

 

 

 

丈夫さも去ることながら、私が手縫いを選んだのは
その縫い目の美しさが作品に必要だったからです。

ほう、珍しく真面目に答えたね。

 

ENBARQMENTの革製品はミシンを一切使わず
全て手縫いで制作しています。

 

Pocket