変な厚みや段差を出さない工夫

丸で囲ったように革が何枚も重なる部分
そのままだと変な厚みや段差が出てしまう事が
あります。

 

 

この写真の場合、右側は
上の革を折り返しているため左側に比べて3枚分
の厚みのせいで左側(2枚分)に比べて
ボコッとしています。

 

あまり気にした事は無かったけれど
そう言われると気になるわね。

そうならないためにはどうするの?

 

はい、革を裏から漉いて
厚みを調整します。

 

 

 

時々、”革を漉く(すく)”という表現を
このサイトの中でしていますが
簡単に言いますと

1mmの革2枚(1+1=2mm)の1枚の革を
途中から折り返したら1+1+1=3mm で
1mmの差が出てしまいます。

 

その1mm差を出さないために
折り返し部分を0.5mmに漉いておくのです。

 

すると1+0.5+0.5=2mm
3枚分の革でも2mmで済み段差が出ません。

 

強度を考え分散させたければ
0.7+0.7+0.7=約2mm でも。

革は薄いとどうしても強度が落ちるので
そこは臨機応変に。
漉かない事だってあります。

 

 

 

2枚の革を途中から重ねる時は
端を斜めに漉いて段差が出ないようにします。

この場合は1枚は表、1枚は裏を漉くパターンが
多いです。

 

 

Pocket