MENU

手縫いとオリジナルデザイン​

「商品」と「作品」の中間
アンバルクマンの革製品はヨーロッパの有名メゾンでも使用されているドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフを中心に厳選した天然皮革を使い、大量生産の「商品」でなく、かと言って芸術「作品」でもないその中間に在りたいという気持ちで制作しています。

オリジナルデザインとミシンを使わない手縫いならではの縫い目の美しさにこだわり革好きのお客様とリピーターを増やしています。

プロフィール

深澤真紀子
手縫い革鞄ENBARQMENT 代表
1977   埼玉県生まれ
2001     東京芸術大学デザイン科卒業
2002-05  食器メーカー勤務
2006   手縫い革鞄アンバルクマン設立
        さいたま市の自宅兼作業場で制作

intro2

展示会

2008   Bag展[銀座・小野ギャラリー]
     Bag展[代官山・プラスディー]
2010   Bag展[代官山・プラスディー]
2011   Bagとハーフチョーク展[代官山・プラスディー]
2012   育てる革 それぞれのカタチ展
[新宿リビングデザインセンターOZONE・monova]
     ハーフチョーク展[高井戸・休日や]
      LOVE × NIPPON MONO ICHI展[新宿・小田急百貨店]
      Bag展[代官山・プラスディー]
2012-13  期間限定ショップ[銀座・メルサ2]
2014     TSUNAGARU MARKET[新宿・伊勢丹]
2015   冬のおくりもの展[日本橋三越]
2015-16  Bouleau blanc展[練馬・Vieill Bakerycafe&Gallery]

メディア掲載

C: 2017年5月25日発売『 THE SAX vol.83』に リガチャー が紹介されました。

B: 2015年11月25日発行 フリーマガジン『ポコチェ』 に 2Way Bag Arma が
紹介されました。
A: 2011年11月10日発行 『レザークラフト vol.7』 に トートバッグが紹介されました。