カリグラフィー_03

昨日、世界堂(新宿本店)でカリグラフィーのペン先を3種類買って来ました。池袋パルコの世界堂にもありましたが、特に海外製のは本店は種類が多かったです。日本製の漫画用のペン先もバラで1本から購入出来て色々試したい初心者は助かりました(本店)。

購入したのは1、2、3です。

  1. ハント(Hunt)・アーチストペン 101
  2. BRAUSE ISERLOHN PFANNENFEDER 50?
  3. ZEBRA Gペン
  4. NIKKO 日本字ペン

 

4しか使った事がなかったので1はちょっと衝撃が走りました。
とても柔らかい。細い線と太い線の差が出やすい(NIKKOの”日本字ペン”だとググッと押さないと出なかった太さ)。「こんな字が書きたいな」と見ていた物に少し近付けました。柔らかいのでペン先に意思が伝わり易い感じです。

 

2と3はまだインクを入れて使っていないですが1〜4のペン先の柔らかさを比べました。紙にペン先を押し付けた時、例えば1mm開くのに必要な力です。

  • ハント(Hunt)・アーチストペン 101→1力
  • BRAUSE ISERLOHN PFANNENFEDER 50?→4力
  • ZEBRA Gペン→5力
  • NIKKO 日本字ペン→7力

何となくこんな感じです。

手書き文字をデータに