イニシャル入りのコースター:H様

ご家族皆様のイニシャルを入れたコースターのオーダーを頂き、お客様には”ファミリー感たっぷりでかわいい!”と喜んで頂けました。

。。。でも、それはお客様がご家族の事を思って色の組み合わせなど考えられた結果です◎

 

裏は多少の滑り止めにもなるピッグスエードです。

 

 

【以下はこのコースターの制作過程です】

最初は色味をぐっと抑えて大人っぽいコースターをお考でしたが、

 

お子様がまだ小さかったので、こんな色の組み合わせも可愛らしいですよとご提案、一緒に相談して優しい色の組み合わせに決定。リボンは15色前後の中からお選びいただけます。

このようにイラストレーターで作ったイメージ画で出来上がりを共有します。これでしたらリボンは全部同じ色で中の文字は色違いや革の部分の色を黒にしたら。。。など「こんな色の組み合わせも見てみたい」というご要望に簡単に応えられます。

 

コースター4つ分の革を切り出します。

 

印を付けた所を抜いてイニシャルにします。

 

抜いた穴に詰める革も同じ大きさで作ります。

 

文字になる革(オレンジ)は地の革(クリーム色)に比べてほんの少しだけ高さを低くします。決して飛び出ないようにです。

ピンセットは先が真っ直ぐで安い物を昔使っており、この”ツル首”と言われるタイプにしたら使い易くてびっくりしました。安くて用が済む道具もあれば、高くて「やっぱり違う」のもあって実際使ってみないと分からないものですね◎ 私はお店にあった「松竹梅」の中で「竹」を買ったのですが「松」はもっと凄いのかなと。でもビーズとか扱う訳じゃないですしね。

 

この後はぐるっと1周リボンをかがって完成です。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です