カメラケース修理

古いカメラケース修理のご依頼を頂きました。
やる事は少しなのですがお客様からお預かりしているのと失敗できない、解体してみたら「!…」と言う事もあるので新品の製品を作るより緊張します。

 

 

オリジナルパーツはなるべく残したかったですがやむなく食い切りで切断。
ほら、やっぱり意外な修理の跡が。穴が2つ余分に開いていました。

 

内側。カシメを隠していた布をぴろっと上に開いて新しいカシメで止めて元通り隠します。

 

 

完成。焦茶の牛革と黒いマットのカシメに変わりました。

 

カメラケースの修理_O様_02

前の記事

布海苔 ふのり