鉛筆デッサンのページ

イラストの画像を貼るのでは無く、文字と同じ”フォント”として扱うwebフォントの良い所は大きさ、色を自由に変えられて、サイトを拡大して見てもボヤけない所です。(画像は元画像の大きさよりも拡大表示するとボヤけます)。

大きさをCSSで自由に変えられます
色をCSSで自由に変えられます
拡大して見てもぼやけず綺麗です

コピペで使えるCSSサンプル

オリジナルwebフォントを4つ1セットで受注しています。ピシッと描いたのはもちろん、こんな感じで単純な手書きアイコンも出来ます。

 

 

自分でwebアイコンフォントを作りたい

 

自分でトライしてみたい方はこちらを参考に。イラストレーターが無くても無料のインクスケープ、更に手軽なスクラッチで描けます◎

WordPressにIcoMoonで作ったwebアイコンフォントを入れる方法_前編

webアイコンフォントを描く時の注意点

 

 

使用例デッサンページ。

 

前の記事

休日の朝

次の記事

ハロウィン