スタンダードプードルのハーフチョーク_04

丸い缶を使って押し付けるように伸び止めテープを貼り付けます。缶の内側には3ヶ所ほど両面テープを貼っています。

 

伸び止めテープは革を薄くした時に補強にも使います。

 

厚み(強度が違います)も幅も何種類かあり、知っている限りでは黒と白があります。これは透ける位薄いです。10mm幅で430円でした。「福岡クロス」とありました。(この写真は5mmで使っています)

 

更に接着剤で貼り合わせ、この後縫います。お財布のカード入れなど薄くても強度が欲しい所の内側にこっそり使えます。

 

中心線、テープのガイドラインなど芯材には色々書き込んでいます。そうゆう意味でも白っぽい革が理想です。

 

上、ちゃんとアールがつきました。

 

そこまで重要では無い工程ですが、完成した時に床に置いて丸いと綺麗なのでそこはこだわっています。

 

 

なのでつい溜めてしまう浅くてある程度の大きさの丸い缶。親指が底に着く浅さがベストです。一度はちゃんと(ちゃんと?)ケーキ型を買おうと思ったのですがむしろこれでいいじゃないかと。