チタンバッグ_01

軽くて丈夫なチタンフレームを使ったチタンバッグの制作に入りました。

 

 

革を巻いてしっかり圧着し縫います。

 

少し高価ですがamazonレビューでも評価の高い協進エルさんの仕立て道具、口金押さえペンチ式。渾身の力を込めて圧着できます。挟む部分に革を付けていた時期もあったのですが(力を込めるため)ズレるのが気になって外しました。その分耐水ペーパーで角部分などを滑らかにし挟む対象の革製品に傷が付かない配慮をしています。

ハンドルカバーを付けるとより使い易いです。この位開けば十分なので普段は閉じ気味にしています。

 

全開。こんなに幅のある物を挟む事はそうそう無いので。

 

道具は色々手を加えると使い易く愛着も湧いてきます。しかもラッキーな事に革で作れるのです◎

前の記事

革の経年変化とは

次の記事

ハサミとぎ器