チタンバッグ_2020_08

チタンバッグの内側に使うピッグスエードは結構大きめの机に広げてこんな感じです。例えばこれは大きさ125デシ(DS)で、10 cm × 10 cm が1デシです。革屋さんでは「デシいくらですか?」「デシ〇〇円です」という会話をよくします。

 

→「初めて革を買いに行く、その前に知っておくといい事」革屋さんとか行きづらいけど行ってみたいという方ぜひご一読ください。ハードルが下がると思います。

 

毛穴。このおかげで通気性があるのです。

 

見た目も質感も全然違いますが同じ「豚」です。チタンバッグでは芯材として使います。ぎゅっと詰まっていて1mm無い薄さなので何枚か貼り合わせて程良い強度にして使います。同じ厚みでも何枚か貼り合わせた方が強度が出るので、今はこの方法で制作しています。

 

先ほどのピッグスエードよりも毛穴がよく分かります。

 

チタンバッグの制作過程のごく一部ですがアップしました。今後もちょこちょこアップしてまいります。

前の記事

リゴレット

次の記事

令和元年の五円玉