ワードプレスのPostGridでカテゴリーごとに

パソコンをやっているとバージョンアップで今までと表示が変わってちょっと焦るという事がよくありますが、サイトの大幅改装の元凶とも言える所が先程分かりました。

 

追記:”ちょっと焦る”をしなくて済むように「子テーマ」を作るんですね。

WordPressで子テーマを作って安心のカスタマイズ

 

WordPressのPostGridと言うプラグインを使っているのですがどのページでも同じ記事が表示されるのを直せず、これはもうホームページを大きく作り直すしかないと思ったわけです。

色々なカテゴリーの記事ABCの中からAだけを特定のページで表示したい時、PostGridの Post Taxonomies&terms でAを選びます。ですがバージョンが上がったため大きい枠の「カテゴリー」しか選べず、結果BCの記事も表示されてしまう事態に。

 

小一時間悩んでカチカチやっていたら「カテゴリー」の横のムカッと来たマークに似たものが押せる事に気付き、中にずっと探していた小カテゴリーABC、、が。

 

これなのです。ずっと悩まされていたのは。これが選べるとこのサイトで言う「Inkscape1年生」や「GIMP1年生」や「プログラミング1年生」の記事をページごとにまとめて表示させる事が出来ます。
逆にこれが選べないと色々な1年生、日記などがごちゃごちゃに表示されてしまいます。(それで良いページももちろんあります。)