革包丁と菱目打ちを研ぐ年末

靴を修理に出して、植木鉢を入れ替えて、ヨガマットを買い替えて、革の作業に使う革包丁や菱目打ちを研ぐ。

革包丁3本を使っていて思うのは上手に研げないと値段の高い”良い”とされている物でも上手に研げた値段の安い方に負けると言う事。それから革によっても漉き易さが結構違います。硬めの革は漉きやすいです。乾いた感じの革も漉きやすいです。私が漉くのが難しいなと感じるのはねっとりした伸びる革です。触り心地としてはもちっとして気持ちのいい革で特に鹿など。漉きやすい革は革包丁が多少研げていなくても出来てしまうのですが、空きにくい革の時は革包丁がちゃんと研げていないと時間もかかるし革が変に伸びてしまう事もあります。

 

とりあえずで買った安い(料理用の)包丁は取り敢えずのはずが結局6、7年使ってしまいもしかしてこれでいのか?とも思いましたが年が明けたら新しいのを買いたいと思います。研いで使えるちょっと手のかかる物を。

 

 

インスタントでも十分と思っていたコーヒーが豆からが美味しいとやっと分かった1年。切り替えた瞬間は分からなかったのですよ、どっちでも良いかな位で。豆が切れたので久しぶりにインスタントを飲んで「こんなに違うんだ」と分かりました。