やっぱり使いにくかった椅子の足カバー

昨年の4月に椅子の足カバーを革で作りました。その時ブログで「革があるので革で作りましたが正直百均の(布の物)方が機能的に良さそうです」と若干謙遜気味に書いたつもりがその通りでした。

 

作業しながら結構動かすのでこちらの方が滑ってくれて使い易いです。革の時は音がしてストレスを感じていました。それでも8ヶ月耐えたのはひとえに革への愛と実験なのか。

 

2021年7月21日 追記
1年半使って。恐らく1年ちょっと経った頃に4本のうち2本ほど布が切れたり薄くなったりしたので4本とも短くカットして適当に縫って使っています。この調子で底に穴が開いたら切って縫って、コスパも宜しいです◎

次の記事

コーヒーの常識