ストウブに必須の鍋つかみ

ストウブ(鍋)を買ってから使うようになった鍋つかみ

白米より噛みごたえ(と栄養)のある大麦や玄米が好きなのですが粘り気が無いせいかお互いがくっ付いてくれない。

だから”白米に1、2割混ぜる”という表示が多いのでしょうか。白米はツナギなのだ。塊になってくれないと食べ辛いと知ったのはこの2種類に変えてからです。

 

 

水色の革の部分は”パイピング”というバッグなどでもサイドの処理によく使われる方法です。

茶色と茶色の革を内縫いする時に間に挟みます。

鍋つかみ
  
素材:牛革
色:こげ茶、スカイ
サイズ:9 × 4cm

 

ストウブ、黒の次は絶対にグレー &オーバル型が欲しいかったのです。これでツマミが真鍮だったら完璧でした。(黒のストウブには真鍮のツマミがつきます)

前の記事

水切りヨーグルト

次の記事

チタンバッグ_05