2時限:ギンプをダウンロードします

ソフトを使えるようにする為に自分のパソコンにギンプを取り込みます。ダウンロードです。

 

本日の目標

自分のパソコンに画像加工ソフトGIMP(ギンプ)をダウンロードします

ダウンロードと言うとやっても結局出来なかった、取り込めたけれど何故か使えなかった(これは後述しますがアプリケーションフォルダーに入れていない場合が多いように思います)など苦手意識のある方がいると思いますが大丈夫です今回は私でも出来ました。

 

アプリケーションデスクトップに置いておけばそれで良いと思っていたよ。

 

入れるべき所(フォルダ)に入れないと機能しないんですね

では進めます

1

ダウンロードします

GIMP公式サイトへ行くと上のような画面が出ます。(2018年1月27日現在)

 

下の方、緑の枠の上が「GIMP for macOS」となっていますのでここはMacを使っている方用のダウンロードです。オレンジのボタンをクリックします。

 

Windowsを使っている方赤い矢印の所「Microsoft Windows」をクリックすると

この画面のように「GIMP for Windows」が出ますのでオレンジのボタンをクリックしてダウンロード、自分のパソコンに取り込みます。30秒くらいだったでしょうか。

 

私のMacの設定のせいか、上のような環境設定が原因の注意が出てしまいました。(ですのでここの説明は人によっては不要です)

とりあえず「OK」をクリックしてMacのシステム環境設定」を調べる事に。

 

「セキュリティとプライバシー」で

 

”App Storeと〜許可”  を許可してダウンロード無事完了です。

 

2

使えるようにします

GIMPのアイコンがデスクトップ(や、ご自分で指定された場所)にあるだけでは使えるようにはならないので「アプリケーション」フォルダに入れます入れるとアプリケーションフォルダにアイコンとGIMPの文字が出ます。

そうして初めてこのソフトが使えるようになります。重要なのはアプリケーションフォルダに入れるという事です。

 

3

起動してみます

GIMPのアイコンをダブルクリックするとこんな感じでソフトが起動します。自分のパソコンに取り入れて初めての起動は(他の方も言っているように)ちょっと時間がかかりました。私の場合は2、3分でした。

慣れていないとこの2、3分は
精神的に来るんだよね

永遠に感じる時がありますね。
2回目からの起動は20秒位でしたので本当に最初だけのようです。そして3日経ったら10秒くらいになってました。

 

起動が終わるとこんな画面が現れます。初期設定がこうなのか、はたまたパソコンによって違うのか分かりませんが私の場合は3つに分かれていました。

 

このようにぴっちり全部の窓がくっついている人もいるようです。私もどちらかと言うとくっついている方が好きなのでどうしたらそうできるのか探している所です。でも、上の離れているのでも問題はありません。

て、今分かりました。パソコンの一番上横一列GIMP  ファイル(F)    編集(E) 選択(S)…..とあって<ウィンドウ>をクリックすると<シングルウィンドウモード>が出てきますのでそれを選ぶとスッキリ1つの画面になります。

(1つの方が断然使い易いように思えます。何より分割されていると使わない時に一時的に仕舞うのにも手間がかかります。)

 

(これは画面が分割されています)これはGIMPで作りました

試しにフォトショップで作ったファイルをGIMPで開いてみましたがレイヤーもしっかり別れたままで問題なさそうす。後は慣れるだけかなと。

レイヤー?

レイヤーというのはよく例えられるのは透明のフィルムに描いた物を重ねたような構造の。。

4

(今後また説明しますが)レイヤーとは

これは下地の男性の画像(レイヤー0)の上に3枚のレイヤー(1、2、3)が重なっています。

 

レイヤー1:メガネ
レイヤー2:頬
レイヤー3:帽子 という構成です。

 

男性の画像(レイヤー0)に直接書き込まないのは例えばの頬の赤み(レイヤー2)だけ止めたい時などそのレイヤーを捨ててしまえばいいからです。

 

もし後からメガネをサングラスに変えたいと思ったらレイヤー1を選択して描き変えればいいのです。

こんな簡単な物ならいいですが、これが複雑な画像になって来ると作業を「戻る」だけではなかなか追いつかないといいますか、あー、分けておけば良かったと思う事しばしばです。複雑な作業を可能にするフォトショップやギンプの便利な機能だと思います。

 

日記」の方に使っている画像ですがレイヤーの構造を説明しますと下から順に

レイヤー0:一番下の青いベタ塗り
レイヤー1:いろいろな色の革とスマホケースの写真
レイヤー2:見えにくいですがケースの上にかかる白い両端のライン(半透明に)
レイヤー3:GIMPのアイコンのイラスト
レイヤー4:「画像加工フリーソフト」の文字
レイヤー5:「GIMP1年生」の文字
レイヤー6:「フォトショップ〜」の文字
レイヤー7:  考える人の半円
と全部で8枚のレイヤーを重ねています。重ね終わった後で色の鮮やかさや明暗、文字の大きさなどをレイヤーごとに微調整出来て便利です。

レイヤー3のペンの下に影を落として浮いた感じにしたかったのでレイヤー1の革の上を黒く塗るのでは無く、焼き込む加工をしました。

上の画像をレイヤーごとにいじるとこうなります。

レイヤーは順番も変える事が出来ますフィルムの重ね順を変えられるのです。本来はレイヤー1の上にあるはずの5と7を1の下に持って来たため、文字や考える人の半円が下に潜ったような表現になっています。


ダウンロードから外れて少し余計な話
しましたが、
ギンプでも色々出来る
ようです。
次からはもっと簡単な事を
やっていこうと思います。

 


5

GIMPを終了します

起動したものを終了します。一番上のメニューバー、左の<GIMP>→<GIMP終了>これで完了です。


 

最後に、、ダウンロードフォルダの中に残っている「gimp-2.8〜」ですが2までの手順が終わって、念のため3で起動する事が確認できましたら捨てて大丈夫です。

確かに。捨てられる物は捨てないと
パソコンがどんどんいっぱいになるね。


 

3時限では大きな画像を小さくして好きな構図で切り抜き、SNSなどで使える形式で
保存するまでをやります。

どうぞお付き合いください。
お疲れ様でした◎