INKSCAPE1時限:イラストレーターを止めてインクスケープを始めます

”イラストレーターに代わる
ドロー(描く)ソフト”
”無料で使えるグラフィックソフト”

無料でここまで出来ると高評価のINKSKAPE インクスケープを使い始めました。GIMPギンプの時と理由は同じです。

今年の4月でフォトショップもイラストレーターも年間契約が切れるんだったね

 

本日の目標

INKSCAPEインクスケープを始めた理由と出来る事をお伝えします

20年以上使って来たイラストレーター(Adobe Illustrator)はフォトショップ (Adobe Photoshop)や他のソフト(動画編集など)と合わせて年間使用料金が税込64,540円。ギンプの時と同じくだりになりますが、冷静に考えてなかなかです。

(この画像はINKSCAPEで作成し、ギンプで加工した画像(考える人)を上に貼り付けました)

ソフトのダウンロードから始めて実際に使うのも初めて。その過程を記録する事は自分の勉強になるのと同時に同じ一年生の役にも立つのではと思い「INKSCAPE1年生」のページを作りました。

それではインクスケープで何が出来るのかを少し

 

”イラストレーターの代わり”という事ですからイラストが描けます。得意と言うのでしょうか。フォトショップの代わりのギンプでもイラストは描こうと思えば描けますが、インクスケープの方が綺麗に描けて何かと便利に使えます。

四角はもちろんオリジナルの自由な形も細かく細かく操作していくと完成度の高いものが作れます。

ここENBARQMENTの左上のロゴもそうです。サイトに使うロゴ、バナー、印刷物のチラシ、名刺などあり物のイラストやフォントでなくオリジナルにしたい方に。

私はこのサイトのページ革のまめ知識」「レッツDIY」などの一番上にある大きな画像をイラストレーターとフォトショップで作っています。これが今後はイラレ(イラストレータの事)ではなくインクスケープになるわけです。

まだ使いこなせないためイラレで描いた物でご説明します

右上のイラストは選択ツール(というイラレやインクスケープにあるツール)で選択(クリック)すると下で大きく表示したように「パス」という青い線で囲まれています。(青い線は別の色にも変えられます)そうゆう風にパスを細かく操作して作ったのです。

この1つ1つが独立して扱える(グループ化すれば一緒になります)と言いますか、

大きさも

 

色も、傾きも、位置も、前後の関係もかなり自由に変えられます。

ただ1つ大きな問題が。マックでこのソフトを使うと日本語文字の入力が出来ないらしいのです。

これは私も使ってすぐに「???」と思っていました。ネットで調べても昨年末に出た本を読んでも同じ事が書いてあったので残念ながら今の所そのようです。

スティッキーズやメモ帳などに書いた物をコピペするしか無さそうです。

 

そんな(Macでは日本語入力が出来ない)ハンデはありますがいつかその点もどうにかしてくれると期待して

次回、2時限ではソフトのダウンロード〜インストールのご説明をします。

「INKSCAPE1年生」
どうぞお付き合いください◎


 

、、、と書いてましたが
4ヶ月あまり使った結果

2018年6月28日 追記
しました。