5時限:写真をトレースすれば簡単にイラストが描けます

今回はペンツールを使って
”手”のイラストを描きます。

と言っても本物っぽい手を描くのは
実際の紙と鉛筆を使っても難しいものです。

それをパソコンのマウスで。

ムリムリ、無理。

私もです。

ですから昔からこの方法で
やってきました。

本日の目標写真をトレースしてペンツールで簡単にイラストを描きます

使わせて頂くのは上野公園、
美術館と逆の方にある
有名人の手型の中でも
一際大きい九重親方。

(意外と小さかった寅さんの手)


1

写真を配置します

インクスケープを起動したら
メニューの<ファイル>→<インポート
を選択します。

写真(ここでは「hand.jpg」)を選び
Openをクリックします。

すると配置の仕方を更に聞いてきます。

埋め込み?リンク?

最初の設定では”埋め込み”となっています。
リンクだと今の場所から写真を動かした時に
リンクが外れて「ファイルがありません」という
事にもなりかねませんので今回は埋め込みのまま
で OK を押します。

2

画像を動かないようにします

写真の上に透明のフィルムを置いて
手のアウトラインをペンでなぞる
事を実際にやると考えた時、

まずは下の写真を動かないようにテープなどで
留めます。それと同じ事をします。

メニューの<オブジェクト>→
<オブジェクトのプロパティ>を選びます。

ここでは ”image877” というのが手の写真
に割り振られたIDのようです。

その「ロック」にチェックを入れます

見た目は何も変わっていませんが、
(比較のために描いた)黄色い四角は
選択ツールでポチッとすると周りに点線と矢印が
出ます。「手」の方は出ず動かせません

ロックを解除する時は同じ<オブジェクト>
の下の方、<全てのロックを解除>です。

3

レイヤーでロックする方法もあります

のようにオブジェクトで1個ずつロックする他に

レイヤーをロックする方法もあります。
メニューから<レイヤー>→<レイヤー>を選びます。

右に出たレイヤーの窓の左下に青い +ー
マークがあるので、+をクリックします。
(写真が無くてすみません)

レイヤーを追加という小さい窓が出て
レイヤー名は2つ目に作ったので”レイヤー2”
となっています。
1つ目のレイヤー(レイヤー1)
には手の画像が貼り付いています。

手の画像が動かないようにしたいので
(レイヤー名を分かり易く書き換えました)
<手の画像レイヤー>の左の鍵マークをクリック
してロックします。

この段階で『手の画像』レイヤーに
他に描いた物があったとしたら
それもロックされます。

レイヤーごとにロックするって
いう事なんだね。

4

ペンツールでアウトラインを描きます

(※このペンツールは動画で動かし方を見た方が理解が早いので2分動画を作りました 2019.4.10更新)
ペンツールの解説を今追加したロックのかかっていない
『手のアウトライン』レイヤーをクリック
すると青くなります。
今、このレイヤー上で作業していますという意味です。

左のツールから<ペンツール>を選びます。

やり易い所でもどこでも輪郭をクリックします。
次はクリックしたらマウスを離さず、進む方向に
ちょっとドラッグしてみてください。

すると上と下(や右と左)に真っ直ぐな棒で先に
丸が付いた物が出来ます。

別のイラストでご説明します。

ピンクの所はペンツールでクリックしただけ
水色の所はペンツールでクリック&ドラッグした
物です。

クリックのみはカクカクとなって棒と丸が出ていま
せん。(左のツール上から2番目<ノードツール>
でクリックすると確認できます)
直線的な物を作るのに適しています

今回は手なので、クリック&ドラッグ
の丸みが表現できる方を多用する事になります。

クリックした点(ピンクも水色も)はどちらも
<ノードツール>で1つずつ動かせます。

更に棒と丸が出ている物は丸を
クリック&ドラッグして形を変えられます

ですから取り敢えずザクザクっとアウトラインを
とり、後から画面を拡大して細かく修正して
行くという方法もあります。

点は追加もできます。

余計な話ですが、アウトラインの線が細くて見辛い
場合<フィル/ストローク>のストロークを
設定して線を太くするとやり易い場合があります。

こう動かすとこんな感じになりますという例です。

4枚上の画像で説明した(ピンクと水色の所の)
棒と丸は上の所の
選択ノードのベジェ曲線ハンドルを表示
をクリックすると表示されます。

その横の<パスのアウトラインを表示
をクリックすると赤いラインが出ます。

左のカクッとなっている点を
丸く滑らかにしたい時は、上の
<選択ノードの種類をスムーズに>です。

逆の事をしたい時は左横の
<選択ノードの種類をシャープに>を
ダブルクリックします。

そうしたいポイントを
ノードツールでポチッと選択しておいて
<選択ノードの種類をシャープに>を
ダブルクリックだね

ペンツールは
細かい設定が沢山あるんだね。
なんだか、、大変そうだなぁ

この辺は使って行くうちに
分かって来ますよ◎

私もどれが何て名前で使うとどうなるか
など正確に覚えている訳で無く、
「間違えた、合ってた」
という感じでちゃかちゃか動かしています。

最初のペンツールの四角を
最後のペンツールでクリックして
アウトラインが完成しました。

<フィル/ストローク>のフィルで色を付けて
下の手の画像からずらしてみます。

手の画像はもう不要なので<手の画像レイヤー>
ロックを外して下のマイナス(ー)で
削除します。

5

出来たイラストで色々やってみます

「手」の上で右クリック→複製。
もしくはメニューの<編集>→<複製>
(※<コピー>ではありません)

ぴったり重なって複製が出来るので
何も起こっていないようで焦ります

上の<選択オブジェクトを水平方向に反転
で下のイラストのように左右の手が出来ました。

左右に振りたい(回転させたい)時は
もう一度手をクリックします。
すると周りの矢印の方向が変わり、回転できます。

クリックする毎に切り替わります。

両手選択して一緒に回転する事も出来ます。

以上、長くなりましたが
写真を下に敷いて楽に
イラストを作る方法でした。


このイラストを単体で使う場合、
別の写真の上に置いて使いたい場合、

どちらも『4時限:アイコンをギンプで
SNS用に保存します』が役に立ちます。


はっ、もしかして私も
この方法で、、

そうです。
アニマル先生の時はイラストレーター
でしたが同じ方法です。


1回飛ばして7時限では文房具などの工業製品を、今回使わなかった技も使ってピシッと描きたいと思います。またトレースをします。

 

次回6時限ではイラストレーターからインクスケープへの移行を考えている方に参考になりそうな、私自身が不安だったので調べて「よし、いける」と安心した事を記録しておきました。どうぞお付き合いください◎

 

お疲れ様でした。