INKSCAPE 7時限:写真をトレースして簡単にイラストを_工業製品編

今回も5時限同様、下に写真を置いてトレースしてイラストを描きます。

 

今回はピシッとした工業製品。前回の「手」の時には使わなかった(必要なかった)技も盛り込んでいます。これを完成させる事で他にも応用できる技を覚えられると思いますので是非◎

 

写真をトレースして工業製品を描く方法

 

トレースする写真です。ハサミ、マスキングテープ、消しゴム。

もし練習に適した画像がない場合はこの画像をグイッとサイトの外にドラッグ&ドロップして使って頂ければと思います。

画像サイズは470×394pix 、72dpi です。

 

 

トレースすれば何も無い状態から描くよりも正確に早く出来ますし、パソコンで絵を描くハードルが低くなると思います。

では始めます◎

 
 

写真を下に敷きます

 

(この辺は5時限と重複しますので簡単に行きます。ですのでもっと詳しく知りたい方は5時限も参考にしてください)

<ファイル>→<インポート>を選択

 

 

トレースする画像を選び、<Open>をクリックします。(MacだとopenですがWinは違うかもしれません)

 
 

レイヤー分けをする

 

全部同じレイヤー上で作業する事も出来ますが今配置したハサミの画像を動かないようにした方が楽なので下の「」マークでレイヤーをもう1つ増やしレイヤー1はハサミ画像用レイヤー2はこれからトレースする用にします。

(画面の右側にレイヤーが出ていない場合はメニューの<レイヤー>→<レイヤー>を選ぶと出ます。

 

 

レイヤー1の名前を分かりやすくhasami_gにしました。鍵マークをクリックしてロック=動かなくします。(そのレイヤー上にある物の加工が出来なくなります)

鍵マークの横の「目」をクリックしてつぶらせるとそのレイヤー上にある物が画面に表示されなくなります。作った物が「ない!」となった時はうっかり押してしまっているかもしれません。
 
 

ペンツールでトレースします

 

左から「ペンツール」を選びハサミの先をクリック、次の点からはクリックしたら少しドラッグしてください。すると先に○が付いた棒が出来ます。これがその後の微調整に役立ちます(更に詳しくはペンツールの詳しい説明をご覧ください)

画像中の説明のようにと中でペンツールを止めて他の作業をした後でもそこから続ける事ができます。

 

なだらかな線が描きたいのにカクッとなってしまった時でも後から「選択ノードの種類をスムーズに」でなだらかに変換出来ます。(この上のボタンは「ノードツール」を選択している時に表示されます。ツールごとに表示されるボタンが違います

 

ノードツールで棒の先の丸を動かしアウトラインをハサミのカーブに沿わせます。

 


ちょっと役立つオマケ話◎

右の「フィル/ストローク」のフィルで中を分かりやすい色で塗り、下のハサミが見えるように不透明度を適当に下げます

厳密にアウトラインをとりたい時はズームツールで拡大すると作業しやすいです。

全体を見たい時は「1」を押すと1回で画面全体が表示されて便利です。


 

複製して反転します

 

ハサミの片方をペンツールで囲み終わったらもう片方は複製で済ませます。

コピペではダメな理由はこちらです。(※コピペで大丈夫という事が分かりました◎訂正致します。2018年5月10日

ちなみにコピペした時に白がついてしまう(私のようにMacの方かもしれません)の対処法は『8時限』をご覧ください。2018年5月11日

複製した物は元の物にピッタリくっ付いているため、2つ重なって上の画像よりも透けにくくなっているのが分かります。

 

複製した後、上のメニューから<選択オブジェクトを垂直方向に反転>をクリックします。ずずずっと下に移動します。

 

デザインが対称の物はこうやって作ると早いし正確です。
 
 

ハサミの持ち手の楕円を作ります

 

ハサミの持ち手部分、陸上のトラックのような形を描く手順です。<メニュー>→<矩形ツール>で穴に合いそうな長方形を作ります。

ここからがインクスケープ、やるなというポイントです。タラタラ説明を書くより実際にやった方が早いと思いつつ一応書きます。

今描いた四角の右上に○マークがあります。実は○が2つ重なっていまして、最初は下に下げるようにドラッグします(矩形ツールのままでもノードツールでもどちらでも動かせます)

真ん中まで行くとそれ以上は下げられなくなり陸上トラックが出来ます。

 

もうこの先は練習ですが最初の○を下に下げると、もう1つ○が残っている事が分かります。それは左に動かせますそんな感じでハサミの穴に合う形を作ります。

 

楕円(とする)をもう1回クリックして四隅の矢印が右上の形になると傾きを変えられます。(クリックする毎に変わります)ハサミの穴に合わせます。

 

ここまでで、こんな感じです。(色は後で好きに変えられますので、作業中は分かりやすさ重視でやっています)
 
 

持ち手の穴をくり抜きます

 

ハサミと楕円を選択して<パス>→<排他>を選ぶと、重なっている部分に穴が空きます

 

左下の白が乗っているのとは違いくり抜かれているので、他のイラストや写真の上に置いた時空間が出来てなんだか気持ち良いです。


ちょっと役立つオマケ話◎

今のマウスは感度が良すぎて(インクスケープは特にな気がします)作業している枠(ページ)が不意にどこかに行ってしまっている事があります。そんな時、一生懸命探すもよし。でも、「ズームツール」を選択している時に上に出てくる4つのどれかをクリックすると早いです。

 


作業に戻ります。

ここはサイズの違う2つの楕円を作り少し前に説明した「排他」を使って持ち手の黄色いゴム枠を作りました。(ストロークで線を太くするのでも出来ます。色々な方法がありますー◎)

 

ゴムの枠も出来ました。。。。ここまで終えてからで”複製して垂直に反転”した方が早いですねすみません。実際はそうしてください。

 

「フィル/ストローク」で色を変更、交差部分を金具で留めてハサミらしくなりました。

ハサミのパーツ全部を「選択ツール」で完全に囲む全てをshift(macの場合)を押しながらクリック、メニューの<オブジェクト>→<グループ化>してバラバラにならないようにするといいです。

続けてマスキングテープもやってみます。
 
 

ストロークを更に詳しく

 

イラストを描いていると頻繁に出てくる「フィル/ストローク」。中の塗りと外側の線ですね。今回は必要ないのですが、せっかくなのでストロークを更に詳しくご説明します。上の2つの円は同じ大きさ、同じ線(ストローク)の太さ、なのですが線の太さが違います。ストロークが同じ「4」として上の円は線の中心から両側に4/4。下の円は外側のみに4です。そうゆう設定を変えられるボタンです。

ではテープ作成に戻ります。
 
 

前後関係

 

「円、弧ツール」でテープの芯とテープ2つの正円を(controlを押しながら)描き、フィルは無し(×マーク)でストロークのみ設定し「幅」をそれぞれの太さにします。

 

後に作った物が上(手前)に来るのですが、この順番を変えたい時が度々あります。今回も芯をテープの上に出したいとします。そんな時は芯を選択、メニューの<オブジェクト>から<前面へ>を選びます。

テープの方を選んで「背面へ」でも同じ事です。3つ以上重なっている時は「最前面へ」「最背面へ」が一気に出来て便利です。
 
 

整列と配置

 

これも使えます整列と配置。2つの円の中心をコツコツ合わせてもいいのですが、これを使うと正確に早く済みます。2つを選択したら、右の「整列と配置」の「中心を垂直軸に合わせる」で縦を合わせます。

 

次に「水平軸の中心に揃える」で横の中心も合わせれば完了です。これは数が増えた時にとても便利です。上、下、右、左、色んな所を基本にを揃えたり等間隔に並べるなどもあります。

 

最後にこれもまたグループ化してバラバラにならないようにして終了です。


 

 

後は色を変えたり大きさを変えたり回転させてみたりとアレンジ自由です。

イラストだけで保存して使いたい、写真画像の上に配置して使いたい、どちらも『4時限:アイコンをギンプでSNS用に保存しますに詳しく書いています。


以上、ピシッとした工業製品をトレースする時に便利な技の解説でした。

お疲れ様でした◎

 

前の記事

ライオンコーヒー