INKSCAPEで写真をトレースして簡単に描く

このサイトの人気コンテンツ「トレース」お絵描き。5時限(手のトレース)7時限(ハサミのトレース)では画像と文章で説明、11時限(手のトレース)はYouTubeで解説していますがとても短い部分的なものでした。

 

今回のコガネ虫は画像の取り込みから最後の保存まで(+最後にそのファイルをスクラッチでも使えるという解説も)10分ちょっとの動画を作りました。

 

同じ操作をすれば作れるんだね

 

YouTube_写真をトレースしてコガネ虫を描きます

 

こちらはお試し数十秒動画です。 YouTubeで是非ご覧ください◎

 

 

 

インクスケープで描いた物はスクラッチに取り込めます

 

インクスケープで描いて保存したファイルを、、

 

スクラッチに取り込み、スプライト(キャラクター)として加工出来ます。スクラッチは子供に人気のプログラミング言語です。「プログラミング1年生」ではプログラミングの方法よりもキャラクターを作る方に力を入れて説明しています。

 

 

インクスケープで描いた物をアイコンに出来ます

webアイコンフォントと言います。画像では無くフォント扱いなので大きさも色も自由に変えられます。大きくしても画質が落ちません。

17:「Inkscapeで描く→webアイコンフォントにする→WordPress子テーマに入れる」では今回描いたコガネムシなどをアイコンにしてWordPressで実際に使えるようになるまでを解説しています。

 

カブトムシS カブトムシM カブトムシL

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

図書館分散利用◎