革の豆知識

leather

作る側だからわかる話を

思い切った実験、制作する時に気を付けている事、知っていたら革製品を買う時に役に立つかもなど豆ほどの知識です。

サフィールの白、黒、紺をラップの上に出し綿棒でちょちょっと調色して塗り込みます
バッグの金具とストウブ鍋の蓋のツマミ、どちらも真鍮なのでピカールで磨きました
見た目でも怪しいのですが引っ張ると良く分かります
牛革の脚部分はどんな感じなのか。細くていかにもな形をしています
素材の厚みに適した出っ張りの高さにする事で作業速度が格段に上がります
縫っているうちに糸には自然に撚りがかかります。糸の撚りと逆方向に撚りがかかるとちりつき、も
糸は革の上に出っ張っているので長い年月かけて少しずつ擦れます。お尻のポケットにお財布、注意
漉かずにそのまま折り返したらそこだけボコッと厚みが出てしまいます
革に型を写したり印をつけたりする時、銀色のボールペンなら水で消せて便利です
大きなサイズの革(1頭の半分が多いのでそれでご説明します)を買う時、お店によっては好みの厚
普段革を縫うには真っ直ぐの針を使いますがそれだと針が抜けない場所があるのです
革製品を見るとこのように端まで縫っている物と縫っていない物がありませんか。  

PAGE TOP
MENU