MENU

革の豆知識

leather

作る側だからわかる話を

 今使っているこのお財布は何の動物の革で出来ているんだろうと思った事はありませんか。牛、豚、羊、山羊、鹿、へび、トカゲ、、動物によって特性もお手入れも変わってきます。 

それぞれ合った手入れをする事で新品の時の無味無臭の美しさでは無く、使い込んだ(単に古くなったのではない)味が出せるのも自然素材の醍醐味です。

革の大敵、カビテスト
大嫌いな夏を少しでも有意義なものに。と言う事で革に繁殖するカビテストを…
刃を入れる角度
革包丁やこんな厚みのある刃の場合、先が目に見えて斜めにカットされていま…
傷の目立ちにくい革
傷が付きにくい付いても目立ちにくい革、シュリンクレザーのご紹介です。『…
革の作業台
あくまでも私の場合の作業台です。音、振動、山の中の作業場でもない限りこ…
ハサミの切れ味が悪くなったら
革包丁は研げますがハサミはなかなか研げるものでは無いので、切れ味が悪く…
革製品が高くなる1つの理由
革製品が高くなる1つの理由。自然物故にこうゆう深いキズが時々あります。…
銀ペンのテスト
レザークラフトを始める時にあると便利な「銀ペン」 革の材料店で売ってい…
革を手縫いした時の糸の構造
革を手縫いする場合1つの穴に2回糸が通ります。交差するように。 &nb…
革に縫うための穴を開ける方法
フォークを研いで作った「なんちゃって目打ち」。綺麗に穴を開けるコツは最…
漫画で学ぶエルメス
漫画で学べるエルメスの成り立ち。最初はハードカバーでエルメスのお店でも…
革に両面テープも使います
革の固定に両面テープを使う時があります。バッグは動きがあるので使いませ…
ツルツルの革の貼り合わせ
縫う前にゴム糊で革同士を貼り合わせるという工程があります。 縫うのにど…