革 引っ張って確認、使えない部分

水牛の革でコースターを作る時に使える部分と使えない部分がありました。「×」が延びて使えない部分です。

 

今回は見た目でも延びそうな怪しさはあるのですが引っ張ると良く分かります。

 

カットする前の状態。左側はコースターとして使いました。引っ張った所が完全には戻っていません。

 

 

先日10年使ったバッグのメンテナンスをしました。これは新品時です。

10年目のバッグの修理【YouTube】

 

黒い革は結構傷んでいたのとこの際白く明るくしたかったので外しました。(つまり捨てました)10年間外側の革と内側の革が擦れてカスが溜まっていました。

 

色がグレーなのはメインにグレーの革を使っていたからです。こうやって少しずつ革が痩せてぺったんこになるんだなぁと実感しました。