クロコ バッグのお手入れ

ワニ革のバッグの色補修です。特にこの部分、パイピングです。

 

パイピングは少し外に飛び出している分擦れやすいのですがあるとデザイン的にも綺麗ですしラインが1本入るので締まった印象になります。

 

結構擦れているので一見大変そうですが

 

サフィールなどの色を補修出来る物、今回は白、黒、紺をサランラップに出し綿棒で混ぜてながら調色して

 

その綿棒で擦れた部分にグッグッと塗り込みます。余計な塗料は布で拭き取ります。1回で色が合わなかったり乾くと意外と乗っていない(薄い)場合もあるので2、3回繰り返す事も。

 

クロコのように模様でごちゃごちゃしている革は模様の無い革に比べて色の修復も目立たないので、やってみると結構簡単に出来ます◎

 

今回使った道具は「サフィール、カラー補修クリーム」と綿棒、水、サランラップ、布です。
サフィールのカラー補修クリームは”爬虫類等のエキゾチックレザーにはご使用できません”と有ります。鱗のツルっとした部分には色が乗りません。擦れて下の革が出た所や鱗と鱗の間に使っています。

前の記事

初詣に行かないまま2月に