革を手縫いした時の糸の構造

革を手縫いする場合1つの穴に2回糸が通ります。交差するように。

 

1本の糸の両端に1本ずつ、計2本の針(手縫い針)をセットして1目縫うごとにギュッっと糸を引き締めます。

 

布を縫う針と違って先は少し丸まっています。