カーブした針の使い方

普段革を縫うには上の真っ直ぐの針を使いますがそれだと針が抜けない場所というのがあり、下のカーブした針が地味に活躍します。

 

まっすぐの針だと縫えない場所がある

このような箱型の角度のある場所です。

 

最後に糸の始末を鞄の内側でするのに、真っ直ぐの針だと下に突き刺さってしまうのです。そんな時は最後の1目の為だけにカーブした針に糸を通し直します。非常に面倒なのですがそうすれば上に抜けてくれます。

カーブした針は真っ直ぐのをペンチで曲げて自作する人もいるようで、なるほどと思いました。