革製品が高くなる1つの理由

革製品が高くなる1つの理由。自然物故にこうゆう深いキズが時々あります。

 

色々あったから

 

何か作ろうと思った時、キズや変に伸びてしまう部分を避けた上でその面積がとれるかどうか確認します。

 

例えばA5ノートカバーを作るのに切れ目なしの1枚で作ろうとしたら(この写真は2つに分かれていますが)縦23cm×横33cm位必要になります。

 

右横のキズ、

 

上のキズを避けると今回は大丈夫でしたが、これがA4サイズだとキズにかかってしまって作れません。

 

 

Aの広い面積が欲しいけどキズにかかってしまうので

 

Bのようにキズを避けて2つのパーツに分けるとか、別の革で作るとか。
そんなふうにしていくと材料代は高くなってしまうのです。

もちろんバッグが作れないからと言って使えない訳でなく、小さいパーツは小物の材料になります。

 

自然物として味になる許容できる傷と、耐久性を考えて許容できない傷があります。