革を好みの厚みに漉いて購入する

大きなサイズの革(1頭の半分が多いので、それでご説明します)を買う時、お店によっては好みの厚さに漉いてくれます。

革を漉く大きな機械のある”漉き屋さん” 他の人のもまとめて出すので、「○曜日に出すので○日に発送します」と言った感じです。

 

例えば先日購入した焦茶の牛革は1頭の半分で247デシ(大きさの詳しくはこちらを)でした。使い道が決まっていまして3分の1は1.4mmの厚みで使いたく、 残りの3分の2は元の厚みのまま1.8mm~2.1mm位が欲しいと思いました。

 

ですのでそのように革屋さんにお願いしました。面倒な事をお願いするので丁寧なイラスト、写真付きです。

 

1.4mmに漉いた方は裏が均一で見た目も変わります。

 

試行錯誤して使う場所によって適した厚みに。(1.8mmの方は更に芯材も使って補強しています)

 

表は綺麗でも裏は切れていたりする事も多いので(ごく普通の事です。それが無い革はすごく高額だったりします)裏のチェックも欠かさずです◎