MENU

革の豆知識

leather

作る側だからわかる話を

 今使っているこのお財布は何の動物の革で出来ているんだろうと思った事はありませんか。牛、豚、羊、山羊、鹿、へび、トカゲ、、動物によって特性もお手入れも変わってきます。 

それぞれ合った手入れをする事で新品の時の無味無臭の美しさでは無く、使い込んだ(単に古くなったのではない)味が出せるのも自然素材の醍醐味です。

革を水で濡らして乾かす実験
”革は水に弱い。濡れたらすぐに柔らかい布で拭いて日陰で乾かす”これは本…
革の経年変化とは
経年変化。 年月が経つうちに製品の品質・ 性能が変化する事ですが凄く変…
革のどの部分を使った製品か
1頭の牛革、どの部分を何に使うか適材適所があります。 綺麗で傷の無い部…
革小物に折れジワが入ってしまった時の
大事に使っていた革小物。うっかり折れジワが付いてしまってテンションが下…
ここまで違うと気になる、革の表情の違
自然の革だから起こる、表情の違い。 どちらも同じ牛革とリボンを使った同…
冬の楽しみ、毛皮の手触りを比べてみま
今の時期くらいから使いたくなる、見た目も実際にも暖かい毛皮、ファー。 …
ヘビ革
蛇の革ですが明らかに大きくて形の違うウロコが並んでいる一列があります。…
ファスナーはロック有りと無しがありま
お馴染みのファスナーですが、スライダー(動かす部分)にロック有りとロッ…
1枚の革の中で使える所、使えない所が
革のパーツの分け方、呼び方は色々あり強度や繊維の方向も違います。例えば…
手縫いとミシンの違い
どうして「手縫い」にこだわるのか、「ミシン」との違いはどこなのか。なぜ…
初めて革を買いに行く、その前に知って
革で何か作ろうと思ったら、次に革をどこで買おうか考えると思います。 こ…
ショルダーバッグのハンドル修理:S様
3年前に納品しましたArma(ショルダーバッグ)のハンドル修理です。 …