革の豆知識

leather

作る側だからわかる話を

思い切った実験、制作する時に気を付けている事、知っていたら革製品を買う時に役に立つかもなど豆ほどの知識です。

経年変化。 年月が経つうちに製品の品質・ 性能が変化する事ですが凄く変化する革と分かりにく
1頭の牛革、どの部分を何に使うか適材適所があります。 綺麗で傷の無い部分ならいいんじゃない
全体にシワを入れてしまいます。木は森に隠せです
自然の革だから起こる、表情の違い。 どちらも同じ牛革とリボンを使った同一品番の商品のですが
今の時期くらいから使いたくなる、見た目も実際にも暖かい毛皮、ファー。 鞄に使うことはほとん
蛇の革ですが明らかに大きくて形の違うウロコが並んでいる一列があります。 これは蛇のお腹側で
お馴染みのファスナーですが、スライダー(動かす部分)にロック有りとロック無しがあるのをご存
革パーツ、強度や繊維の方向、曲がりやすさも違います
1つの穴に2回糸が交差するように通るので丈夫です
革で何か作ろうと思ったら、次に革をどこで買おうか考えると思います。 これまでの経験から独断
3年前に納品しましたArma(ショルダーバッグ)のハンドル修理です。   金具を
カラー補修のため調色。要らない革に塗って確認します。 サフィールのキズ補修用着色クリームは

PAGE TOP
MENU