12時限:スクラッチでオリジナルキャラクターを作る_3

11時限のキャラクター作りの続きです。前回までは使用しなかった色々な「ツール」(道具)を使えば自由に絵が描けるようになります。

 

完成図はこんな感じでネコからうさぎになりました。

 

本日の目標

スクラッチでオリジナルキャラを作る。ツールを使いこなす

11時限で説明した物もありますが、「コスチューム」タブをクリックすると出ている左側のツールです。

同じく上のツールです。これらをキャラクター(スプライト)を作りながら説明していきます◎

 

1

「形を変える」「滑らかにする」

形を変える」ツールで顔部分をクリックすると青い◯と線の表示が出ます。これを細かく動かしたりする事で複雑な形が描けます。 Aの◯を右側に引っ張ります。

画面右下の虫眼鏡で拡大するとやりやすいよ!

(1)よーく見ると四角いマークが出ています。(2)それを引っ張ります。カクッとしているので「滑らか」をクリックして、(3)丸く滑らかにします。(4)

2

「削除」

滑らかで丸いうさぎの耳にするため、不要そうな「2」の◯を「形を変える」ツールでクリックして「ゴミ箱」をクリックして削除します。

 

「3」の◯を上に引っ張り四角を左右に引っ張ります。左耳も同じようにします。

 

うさぎらしくピンクにしたいわ

体の方も全体を選択して「塗りつぶし」のスポイト(11時限の7参照)で顔のピンクを拾います。

 

なんだか変。。。シッポだ

形を変える」ツールでシッポの白い部分をクリックして「ゴミ箱」で削除します。残ったシッポの◯も適当に削除して短くします。

(2)「滑らか」などを使って丸くし、(3)「塗り潰し」で白くしてうさぎのしっぽらしくなりました。

 

3

「筆」

眉毛を書こうと思います。「」ツールを選択、上に出てくる筆の太さを調整します。

「筆」を選ぶとこの太さの表示も出るのよ

ぐいっと書いた後、ちょっとガタガタしていたり形が気に入らなかったら右のように◯を削除したり動かしたりして調整できます。◯があまり多いとガタガタして見えます。

 

4

「角ばった」

鼻も直します。元々どんな風に作られているか見ると、黒で「塗りつぶし」その周りを2.4の黒「枠線」で囲っています。

 

(1)「枠線」を左下の赤い斜線で無しにして(2)上の真ん中の丸をクリック、(3)「角ばった」でピシッとさせます。

 

口も「」で描いて、滑らかにするために不要そうな◯を消してうさぎの表情が完成。

5

「円」

、、とここで作業中にうっかり「シッポ」を消してしまったので本当です。」で描きます。「shift」キーを押しながらだと正円が描けます。「塗りつぶし」を白、「枠線」をグレー、枠線の「太さ」を5にしておいて描きました。(後からでももちろん変更できます)

 

6

「奥に下げる」「下げる」

ここで問題が。本来奥にないといけないシッポが手前に出てしまっています。

後から描いた物(新しい物)ほど手前に表示されるのね

なので、上の「奥に下げる」か「下げる」をクリックします。

どっちでもいいの?

説明します。中間手前、3枚の四角があるとします。

奥の四角を1コ前に出したかったら「手前に出す」。1番前に出したかったら「最前面」が早いです。

早い?

「手前に出す」を2回やっても最前面に出るという事よ。イラストが複雑になってきたら「最前面」が便利かもしれないわね

7

「消しゴム」

消しゴム」を選んで上に出たサイズを選びます。切りたい(分けたい?)所をシュッと描きます。
「消しゴム」ツールはこれで描く事も出来るので便利そうです。(詳しくは14時限で書きます◎)

 

切り離した所を消してもよし、色を変えてもよし、顔の輪郭とは別パーツとして扱うことが出来ます

8
「直線」

直線」ツールをクリック、線の幅を設定してポチッと始点を決めてグッと引っ張ります。(「直線」ももう少し14時限でやります)

 

手に持っているようにしたいので「6」でやったように順番を入れ替えます。

腕を「手前に出す」でも、棒を「奥に下げる」でも同じ結果になるね

9

「四角形」

四角形」ツールを選択、中と外の色、太さを決めます。(shiftキーを押しながらだと正方形になります。)

10

「コピー」「貼り付け」

おなじみの”コピペ”です。

11

「左右反転」「上下反転」

(先ほど作った正方形の左上の角を「形を変える」ツールでクリックして「削除」して三角形にしました)「左右反転」をクリックすると鏡に映ったように反対側へ。「上下反転」も同様です。

 

「スプライト2」(11時限では1だったもの)の中で書いた物は例えこの三角のように離れていても1つのスプライト”として扱われます

 

12

「テキスト」

文字を入れてこの時間をお終いにします。「テキスト」ツールを選択、すると上に「Sans Serif」が現れるのでその中から好きな書体を選びます。

 

色も決めて、文字を打ちます。

 

完成です。

 

「スプライト2」という名前では味気ないので、好きな名前を付けます。

 

元はスクラッチのネコのキャラクターだったのが、割とオリジナルっぽくなりました。

以上この時間はお終いです。

次回の13時限では
●「形を変える」の点を”削除”でなく”追加”して形を変える方法
●「塗りつぶし」に含まれるグラデーションなどを書きたいと思います。

だんだん複雑な物が作れるようになるね

どうぞお付き合いください◎

 

ENBARQMENT、
E-designのスクラッチページ