ジャンパーホックを使います

ショルダーバッグの開閉にはジャンパーホックを使っています。

 

中央にマグネットがあり、それは簡単に開閉出来るので普段使いに便利です。

 

ですが人混み、海外旅行の時などはやはりがっちり留まるジャンパーホックが安心です。

 

 

間にピッグスエードを挟むなど使い込んでも丈夫なようにしています。

 

 

1本の打具でホックの両側が打てます。イタリーホックなどは2本必要で、それがセットで売られています)

ジャンパーボタン(ジャンパーホック)シルバー、ゴールド、黒、アンティーク、、色、素材で値段も変わります。サイズは7050、 7060などが一般的。7060の方が小さくて私は好んで使っています。これを取り付ける打具も同じ番号で揃えてください◎


初めての方は結構失敗するかもしれません。1回強く叩いて決めるより、軽く何回も叩いて留める方が失敗も少ないと思います。

叩く時に下に敷くメタルプレートは6つの凹みがあり、どこかしらにはめて使います。裏返すと平らなのでファスナーの上下留めの取り付け作業をしたり色々使えます。

 

失敗したらエンドニッパー(→レザークラフトおすすめ道具 12)などで壊して外します。

 

色はゴールド、シルバー、アンティークシルバー、銅色、黒などがあり細かく言えばゴールドも白っぽいもの、黄色っぽいもの等々あります。